総量規制の対象外になる項目について

こっそり教えます!総量規制の対象外になる借入とは?

お金を借りたいな、キャッシングをしたいな、と思う方にとって「総量規制」というのはちょっと気になる言葉なのではないでしょうか?「総量規制」というのは簡単に言えば「ご融資の限度額」ということです。つまり、各消費者金融会社やキャッシング会社がお客様にいくらまでお金をご融資できるのか、という目安になる金額のことです。これは一般的に言えばお客様の年収の三分の一が総量規制内でのご融資、ということになっています。

そうか、だから「お金を借りたいんですけど」と言ったときに「収入のわかる書類をお持ちください」と言われたんだな、と納得いたしました。一般的には50万円以上のご融資を希望なさった方には収入を証明できるものを提出するようお願いする消費者金融会社が多いようですね。でも、一般的には少額ご融資の場合はいちいちチェックをする消費者金融会社は少ないみたいです。

さて、「総量規制」に入らない借入があること、知ってますか?たとえば、あなたの年収が300万円だとすると、消費者金融会社からのご融資限度額は100万円ですよね。その100万円をキャッシングしたとしましょう。それで、そのあと、あなたがふらりと立ち寄ったデパートでずっと前からほしかった10万円の時計を見つけたとしましょう。「よし!思い切って買ってしまおう!」そう思ったあなたはクレジットカードでこの10万円の時計をご購入。でも、よく聞いてください・・・・この10万円のショッピングは総量規制に入らないんです。

このようにクレジットカードなどを使ってショッピングした分の金額は総量規制の対象外になります。また、メガバンクをはじめとした銀行が出している住宅ローンや各種ローンなども総量規制の対象外です。また、総量規制というのは対個人の借入を対象にしていますので、会社や法人といった団体に対する貸付も対象外ですよ。いろいろお話をしましたが、まあ、お金の話はなかなか難しいことが多いですよね。でも、大切なことは自分の目的に合った融資を受けることです。自分が融資を受けるのはどういう目的なのか、ということが考えて賢いキャッシングをしてくださいね。