中小消費者金融会社のメリットとは

小さいキャッシング会社の良いところ!中小企業の生き残り策とは?

大切なお金の話。誰に相談すれば一番いいのだろう?そんなことを悩む方は多いと思います。ここでは消費者金融の各会社について、大手の会社と中小の会社の2つを比較してそのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

大手の消費者金融については、CMでもおなじみですよね。CMに加えて、もしかしたら街中で大手の消費者金融の広告掲載されたティッシュを手にしたこともあるかもしれません。知名度が高いというのは安心材料の1つです。また、大手の場合は金融業としての土台がしっかりしているので、倒産の心配もありませんし、そういうことも魅力的なのではないでしょうか?

それでは、大手の消費者金融会社を選べば良いのでしょうか?大手の消費者金融会社には残念ながらデメリットがあります。それはオペレーターの質です。やはり大手の消費者金融会社はたくさんのコールセンターを持ち、たくさんのオペレーターさんを雇っていますので、なかなか細かいところに目が行き届いていない印象を持ちます。キャッシングというのは個人的でかつ微妙な問題を含んだケースが多いのですが、大手のコールセンターでは優秀なオペレーターさんと駄目なオペレーターさんの差が大きく、優秀なオペレーターさんにあたれば良いのですが、そう出ない場合は「二度とこの会社とは取引しないぞ!」という気分にさえなってしまうようです。

中小の消費者金融会社はのメリットはここにあります。やはり中小の会社にはコールセンターに優秀なオペレーターさんが多い気がします。やはり所帯の小さい中小の会社ですから、社員の方が電話の対応をする事が多い事や複数回電話した場合、電話をとるのが同じ人である確率が高く、話が通じやすいという事が理由としてあげられると思います。これは窓口の対応でも同じことです。また中小の会社は担当者の移動が少ないので、これもメリットかもしれません。コールセンターに電話しても担当者が変わると、何度も同じ話をしなくてはいけないことは非常にストレスがたまりますよね。担当者の移動が少ないというのはお客様にとって都合がいいのではないでしょうか。

ただ、中小の消費者金融会社はデメリットもあります。やはり、中小の会社は返済方法が限られる場合が多く、大手が行っているような「返済日お知らせメール」とか「コンビ二決済」「オンライン決済」などが出来ないパターンが多いです。店舗数や自動契約機の数も大手の方が中小の会社と比べて多いのが一目瞭然ですよね。大手と中小、どちらもメリットとデメリットがありますので、よく比較して選ぶ事が大切ですよ。