融資限度額の計算方法について

年収300万円の私はいくら借りられるの?融資限度額について

今のところ、キャッシング会社からお金を借りる予定はないけれど自分がどれくらいのお金を融資してもらえるのか、知りたいと思っている方は多いものです。ほとんどのキャッシング会社は融資のシステムを優しく説明したホームページを持っていますので、web上の簡易審査を受けていただくと、ご自身がおいくらまで融資が可能なのかがある程度ご理解いただけると思います。簡易審査よりももう少し詳しい金額について知りたい、という方は総量規制についても知っておく必要があります。

総量規制とは2010年から始まった、個人向けの融資限度額について定めた規制のことです。つまり、総量規制によって個人向けのご融資というのはその方の年収の3分の1を超えない範囲で行うようになっているのです。年収300万円の方であれば、ご融資限度額は100万円ということになります。

この総量規制が定めた融資限度額については除外項目と例外項目があります。例えば、病気や怪我をして、その治療費や療養費に対する貸付金というのは総量規制の除外項目なんです。つまり病気時の貸付金は総量規制には含まれません。また、借り換えの時の貸付金や個人事業者さんに対する貸し付けというのも総量規制の例外として定められています。例外項目ですから、もしその貸し付け金額が年収の3分の一を超えていたとしても、例えば借り換え時の貸付金は「例外的にこの部分についてはご融資しても良いものですよ」ということになるわけです。

年収300万円の方であれば、総量規制によってご融資限度額は100万円と定められています。でも、除外項目や例外項目というものもありますので、ご自身のキャッシング目的がもしそれらの項目に当てはまっているのであれば、100万円を超える融資も可能になるというわけです。もし、総量規制に抵触するような貸し付けを希望するのであれば、1度コールセンターに問い合わせをしてみてください。もしかしたら除外項目や例外項目にあてはまるかもしれませんからね。