確実な即日融資についての考察

パパッと借りちゃえ!失敗しない即日融資とは?

私の友人の話です。厳しい締め切りを終えて職場から明け方帰宅して、アパートのドアを開くと彼は非常に驚きました。天井がごそっと落ちていたのです!もし、彼が仕事に行かずにアパートでごろごろしていたら「きっと僕の頭に天井が直撃していたでしょう。」怖いですねー。天井が落ちたのですから、部屋中ががれきの山と化しています。服も食器も全部埃まみれになってしまい、使い物になりません。布団だって、家具だって壊れています。こういうときはもちろん、アパートの管理会社から保険がおります。全額保証され、なおかつ謝罪の為に彼には多額のお金が支払われることになりました・・・・一ヶ月後に。

さあ、困りました。給料日前なので財布には3千円しかありません。もちろん明日は仕事がありますけど着ていく服だってないのです。一瞬にして彼は決心しました。「もう、キャッシングしかないよね!」そこで、彼は一番早くお金を貸してくれる消費者金融をネットで探して、生まれて初めてのキャッシングをする事にしました。彼が利用したのは「有名な大手の金融業者」ということです。「だって、大手は情報公開をしているじゃないですか。貸し付けの限度額もシュミレーション出来るし、法律を守る意識も高そうだと思ったんですよね。信頼出来る、ということが僕の場合には優先したんです。」即日の融資を考えるのであれば、とにかく大手の会社と取引する事を薦める、彼はそう断言します。やはり、短い時間で決済をしてもらい、返済の相談にのってもらうこと、そして会社の方針が信頼出来る事・・・・そのようなことを考えると24時間コールセンターが開いていて、細かい情報をネット上でも公開し、クライエントにきちんと教えてくれる大手の会社を使う事になるのも頷けます。

「もちろん中小のキャッシング会社だって良い会社はいっぱいあると思う。金利とか、限度額の高さとか、大手よりもお得な中小の消費者金融会社はたくさんありますよ。」彼はそう続けました。「でも、緊急性が高い場合、そういう中小の会社を探している時間ははっきり言って、もったいないですよね。当日のキャッシングの場合当日の2時から3時の間には決済してもらいたいじゃないですか。リサーチしている暇なんて正直ないです。だから、僕は信頼できる大手の会社でキャッシングしたんです。」なるほど、即日融資の場合はお客様は金利の安さや限度額の高さよりも「信頼性」に重きを置くんだな、と思ってしまったエプソードでした。