債務の借り換えについての考察

返しやすくそしてお得に!借り換えについて考える

消費者金融会社を実際に使ってみるまでは、分からない事も多いですよね。お金を借りよう、と思ってから、実際にお金を借りるまではなかなかハードルが高いものです。それだけ借金というのは大変なものなのだ、という証拠なのかもしれません。でも、一旦キャッシングを始めると、「あれ、意外と借りるのも返すのも簡単だったな」などと思うことが多いようです。

消費者金融が便利だという事が分かれば、お金を借りる事が身近なものになっていきます。そうすると各キャッシング会社の広告やCMに目がいくようになります。するとちょっとショックな出来事がおこります。「へえ、ここでも借りられたんだ。え?ここの会社は今使っている会社よりも限度額が高い!・・・・ちょっと!あそこの会社は今の会社よりも利息が低いじゃないか!」そんなことを考え始めると、「ああ、どうして俺は利息が高くて限度額が低い会社を選んでしまったんだろう・・・」と鬱々とした気持ちになってしまうものです。

そういう時に考えるのが「借り換え」です。例えばA消費者金融に金利12%で10万円融資を受けている場合を考えてみましょう。ある日CMを見たら何と!B消費者金融では金利10%!さあ、そんなことに遭遇したら、あなただったらどうしますか?当然B消費者金融に「借り換え」したい、と思うのではないでしょうか。「借り換え」の方法としてはB消費者金融に10万円プラス利息分を借り、A消費者金融の借り入れをすべて返してしまいます。そしてあらたにB消費者金融で返済を行って行くようになります。

なるほど、これはお得な方法なのかもしれません。高い金利よりも安い金利で返済した方がいいですよね。でも、気をつけなくてはいけないことは、返済が滞ったり、自分の返済能力を超える金額の融資を受けている場合です。このような場合、消費者金融会社は情報を共有していますので、「借り換え」とは言え実際には返済が不透明なのですから、確実にブラック情報に載ってしまいますよ。